2012年10月22日

ふゆがきた

KICX2157.JPG
歌唱 加藤紀子1998.1発売 作詞 康珍化 作曲拓郎さん 編曲武部総志
何故に この曲を? 2012ライブで 歌われましたね
森高千里ワールドな感じの、この可愛い曲を 拓郎さんが・・

見慣れたビルの空の隙間から 綿菓子みたいな雪が降ってきた
**
あたたかくしてますか かぜひいてませんか 冬がきた 冬がきた♪ 
posted by ほい at 22:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
MCで、どうしても気持ちが入らない曲がある。
気持ちが入らないから、演奏もどたばたするとか言ってました。

歌いながら首ひねってる拓郎さんがおもしろかった。

歌わなきゃいいのに(笑)
Posted by まさのB at 2012年10月23日 17:09
まさの日さんコメありがとうございます
あは 首ひねりながら 歌ってる姿何となく
想像できますよ ^^

ヒョトすると サービスな曲 会場ごとに替わるのでは なんて ちょと思ってます

東京メルヘンなんか 演りそうな予感
Posted by ほい at 2012年10月23日 23:51
その後 採譜して歌ったりしてる♪
何度か歌ってる内に 何故この年
コンサートで歌ったんだろ?の疑問の
が解決したような気がした

街中清めてくれるといいよね  の部分が
それでは ないのかな と ・・

福島の街を雪で清めてくれるといいね
実際は雪が溶けて流れて 拡散してしまうようにも思うけど・・ 詩の中では十分と思う
Posted by ほい at 2014年01月12日 02:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/59444554
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック